FXの市場について




本日、10月20日に終了するキャンペーンとは・・・>>


FXの舞台となるのが、
外国為替市場です。
外国為替市場はどこにあるのでしょうか?


ニュースでしばしば、
「東京外国為替市場、本日の相場は・・・」
こんなレポート耳にしますよね。


東京外国為替市場は、
ニューヨーク、ロンドンと並び、
世界三大市場の一つと称されています。


しかし、
東京外国為替市場と言っても、
東京証券取引所のような建物がある市場ではありません。


電話やオンラインを通じて、
世界各国間24時間つながっています。
バーチャルなネットワークで構成された市場なんですね。


市場参加者は、
世界中に張り巡らされた巨大なネットワーク市場を通じて、
24時間FXが可能というわけです

↓↓↓

本日、10月20日に終了するキャンペーンとは・・・>>

FXの仕組み




本日、10月20日に終了するキャンペーンとは・・・>>


FXは2種類の通貨を交換する取引です。
そうなんです、
FXとは簡単に言うと2種類の通貨を交換する取引なんです。

日本円を米ドルに交換したり、
米ドルや豪ドル、ユーロ、ポンド、スイスフランなど、
外国通貨を日本円に交換したりする取引です。

もちろん、

ユーロと米ドル、あるいはポンドとスイスフランなど、
交換できる通貨は日本円に限定されません。
円を介さない取引だって可能です。

世界にはたくさんの通貨かがあり、
FXで取り扱える通貨は、
FXの業者によっても違います。

メジャーな通貨からマイナーな通貨、
ハイリスクな通貨、ミドルリスクな通貨、
国によって大分違いがあるので勉強になります!

↓↓↓

本日、10月20日に終了するキャンペーンとは・・・>>

FXについて




10月20日に終了するキャンペーンとは・・・>>


FXは、
前述の通り、外国通貨の売り買いを行い、
利益を出す取引のことをいいます。

FXは売りからでも、買いからでも取引が始められます。
相場の変動による「為替差益」での利益、
通貨の金利差による「スワップポイント」という利益があります。

FXには、
少ない資金で大きな取引ができる方法があります。
いわゆるレバレッジを掛けることができるのもFXの特長です。

FXは相場の状況や、
相場の予想に応じて、
臨機応変な取引が可能となっています。

売りから入るか、
買いから入るか、
それも相場次第です。

また、レバレッジを掛けることができるのは、
少ない証拠金で大きな利益を狙うことができますが、
その逆もあるということです。

FXをハイレバレッジで行った場合、
ハイリターンの裏にはハイリスクが潜んでいる。
そのこともお忘れなく。


10月20日に終了するキャンペーンとは・・・>>


FXとは




10月20日に終了するキャンペーンとは・・・>>


資産運用の方法は自由です。
いかに自分の資産を安全に、時にはリスクをとりつつ増やすか。
それが大事。当然ルールは守りますが。

ここで選んだテーマは、
FX(外国為替証拠金取引)です。
FX以外にも資産運用の方法はありますが、ここではFX中心にいきます。


FXとは、
外国為替証拠金取引のことを指します。
FXはForeign eXchange=外国為替の略に由来しています。


FXでは、
証拠金(保証金)をFX業者に預託し、
外国為替の売買を行います。


FX、通貨証拠金取引、外国為替保証金取引などとも呼ばれますが、
FXはForeign eXchange=外国為替の略に由来していることから、
海外ではForexと呼ばれることもあります。


日本では1998年に、
外国為替及び外国貿易法が改正されて、
FXの扱いがスタートしました。


ダイワフューチャーズ(現・ひまわり証券)、
豊商事などが取扱いを開始、
ブロードバンドの普及も後押しし、市場が急速に拡大しました。


商品先物会社、証券会社のほか、
FXを専業で取り扱う外国為替証拠金取引業者、
いわゆるFX業者も増えています。


FXは取引の仕方によっては、
非常に高いリスクを負うため、
FXをする際には外国為替相場に関する十分な知識や経験を要します。


巷では、
FXは初心者でも簡単に稼げるみたいな風潮がありますが、
そんなことは絶対ありません。


しっかり勉強していきましょう!


10月20日に終了するキャンペーンとは・・・>>


FXのリスク(2)




10月20日に終了するキャンペーンとは・・・>>



価格変動リスク

為替レートは24時間変動しています、
FXではレートの変動によっては、
期待していた利益を得られない事があります。



金利変動リスク

FXでは低金利通貨を売って高金利通貨を買う事で、
スワップポイント(2通貨間の金利差に当たるもの)を受け取ることが出来ます。
逆に高金利通貨を売って低金利通貨を買うと、スワップポイントを支払う事になります。



レバレッジ効果のリスク

保証金にレバレッジを掛ける事で自己資金の何倍もの金額分の取引ができます。
少ない資金でも大きく利益が出る可能性があるのと同時に、
大きな損失を被るリスクも負う事になります。



電子取引のリスク

FXでは、注文入力を間違えて注文されてなかった、
意図していない注文が約定してしまった等の間違いが起きないように、
注文の際は注文の入力には注意しましょう。



流動性リスク

FXでは取引量が少ない通貨の場合、
たとえ成行注文をしていても、
なかなか約定しない事があります。



ストップ注文やロスカットのリスク

FXにおいて、特に損切り場面で威力を発揮するストップ注文ですが、
急落局面などでは指定したレートより不利な値段で約定されてしまう事があります。
強制的に決済される事があります。



信用リスク
FXの取引というのは、
「投資家が注文を出すと取扱会社がその注文に合致した取引相手を探して売買を成立させる」というものです。
FX会社によっては取扱会社の裁量が大きくなります



10月20日に終了するキャンペーンとは・・・>>


FXのリスク




10月20日に終了するキャンペーンとは・・・>>


レバレッジによるリスク

FXは、自分の資産の何倍もの取引ができる点は魅力的ですが、
それはハイリスクを負うことも意味しています。
ハイリターンの裏にハイリスクあり。



為替変動による損失リスク

FXは、経済指標の発表や世の中の動きにより為替変動がおきて、
自分の買った値段よりも通貨の値段が下がった場合に損失が発生します。
FXは世界経済と密接に関連しています。



FX会社破綻のリスク

FX会社が破綻して取引が突然中止になることもあります。
法改正により、昔と違い信用できるFX業者が多いと言えますが、
FX会社の破綻がなくなったわけではありません。



FX会社によってサービス内容が違うリスク

FXは自分が選択したFX会社のサービス内容でしか取引ができません。
他のFX会社のサービスの方がよかったり使い勝手が良かったりすることもあります。
複数のFX会社に口座開設をするというのも手ですね。



10月20日に終了するキャンペーンとは・・・>>


FXと外貨預金の違い




10月20日に終了するキャンペーンとは・・・>>


FXは外貨預金と違い、
円安に動くときでも、円高に動くときでも、
どちらの場合も利益を得ることが可能な投資です。


FXは外貨預金と違い、
円高の時も「売りポジション」を持つことで、
利益を得ることが可能となります。


FXは外貨預金と違い、
口座の資金が保全される可能性があります。
(外貨預金はペイオフの対象ではありません)


FXは外貨預金と違い、
24時間、海外からでも取引が可能です。
FXの市場は24時間世界中とつながっています。


10月20日に終了するキャンペーンとは・・・>>


FXの特徴


10月20日に終了するキャンペーンとは・・・>>


FXは24時間いつでも売買ができます
FXのメリットは何といっても、月曜日〜土曜日の朝まで、
24時間いつでも売買が出来ることでしょう。


日中に仕事があるサラリーマンや勤め人の人でも、
帰宅してからFXが出来るということです。
FXの大きな特徴のひとつですね。


FXは少ない資金でも取引ができます。
FXはレバレッジによって少ない資金でも売買が可能となります。
レバレッジを効かせて利益が何倍にもなるメリットがあります。(当然、その逆もあります)


FXは他の外貨投資よりも手数料が安いということが言えます。
FX取引は手数料が安いことが外貨預金とよく比較されます。
実際に手数料は外貨預金の1/10ですみます。


FX会社では最近は手数料無料というところも多くあり、
FXの魅力として、
非常に低コストで取引ができることが挙げられます。


10月20日に終了するキャンペーンとは・・・>>

FXの市場について


10月20日に終了するキャンペーンとは・・・>>


FXの舞台となるのが、
外国為替市場です。
外国為替市場はどこにあるのでしょうか?


ニュースでしばしば、
「東京外国為替市場、本日の相場は・・・」
こんなレポート耳にしますよね。


東京外国為替市場は、
ニューヨーク、ロンドンと並び、
世界三大市場の一つと称されています。


しかし、
東京外国為替市場と言っても、
東京証券取引所のような建物がある市場ではありません。


電話やオンラインを通じて、
世界各国間24時間つながっています。
バーチャルなネットワークで構成された市場なんですね。


市場参加者は、
世界中に張り巡らされた巨大なネットワーク市場を通じて、
24時間FXが可能というわけです


【主要な外国為替市場の取引開始時間】
日本時間 4時 〜 ウェリントン(ニュージーランド)
日本時間 7時 〜 シドニー(オーストラリア)
日本時間 9時 〜 東京(日本)
日本時間 10時 〜 シンガポール(シンガポール)
日本時間 17時(18時) 〜 ロンドン(イギリス)
日本時間 22時(23時) 〜 ニューヨーク(アメリカ)
※(  )内は現地サマータイムの時期を示す。


10月20日に終了するキャンペーンとは・・・>>

FXのキャッシュバックキャンペーン



>>10月20日に終了するキャンペーン<<


FXは2種類の通貨を交換する取引です。
FXの相場の動きを予測して、
通貨の交換や保有により利益を出します。

日本円を米ドルに交換したり、
米ドルや豪ドル、ユーロ、ポンド、スイスフランなど、
外国通貨を日本円に交換したりする取引です。

もちろん、

ユーロと米ドル、あるいはポンドとスイスフランなど、
交換できる通貨は日本円に限定されません。
円を介さない取引だって可能です。

世界にはたくさんの通貨かがあり、
FXで取り扱える通貨は、
FXの業者によっても違います。

メジャーな通貨からマイナーな通貨、
ハイリスクな通貨、ミドルリスクな通貨、
国によって大分違いがあり、非常に勉強になります。


FXでは、
日本円をドルに交換することを「ドル買い」「円売り」と言い、
米ドルを日本円に交換することを「円買い」「ドル売り」と言います。

FXでは、
交換するときのレートつまり交換比率は、
その時の世界経済によって一定ではありません。

FXで扱う通貨の交換比率は、
それぞれの国における経済状況や政治状況、
金利や貿易収支、世界情勢など様々な要因によって常に変動しています。

為替レートは、
あくまでも2国間の通貨交換比率を指します。
FXで扱う通貨全てにあてはまるものではありません。

つまり

「円高・ドル安」という場合では、
ドルに比べて円が強い(価値が高い)ということになりますが、
円が全ての国の通貨に対して強いと言うことではありません。

円の価値が上がった、下がった、
あるいは、ドルの価値が下がった、上がったなど、
外国為替は通貨交換をする時点での2国間のレートで判断されます。

円高とか円安というと、
なんだか相対的に円の価値が高かったり、安かったりするようなイメージになりますよね。
あくまで相対的な価値ということだけ覚えておいてください。


>>10月20日に終了するキャンペーン<<

FXのキャッシュバック(最大5万円)


最大5万円のキャッシュバックキャンペーンの情報です
(開設して5万円入金するだけでも1万円もらえるキャンペーン!)


>>最大5万円キャッシュバック<<


FXの活発になる時間帯は、
いくつかのFX市場が開いている時間帯の他にも、
下記のような時間帯があります。



*午前8時50分くらい*

この時間は日本の重要指標が目白押しとなります。
FXをする上で、要チェックです。
見逃さないようにしてください。

なぜ8時50分という中途半端な時間に指標を開示するのか?、
午前9時の市場の開場に合わせ、
取引を活発化させるためにこの時間に指標が出されると言われています。



*午前10時30分くらい*

この時間は中国の株式市場が開場する時間ですね。
なぜこの時間が大切かと言いますと、
最近の為替は中国株の動向に影響を受けるケースが多いからなんです。

中国市場が開場する前、
又は開場した後の値動きはかなり激しい事が多いですので、
中国株の値動きも要チェックです。



*午前12時〜午後3時くらい*

この時間の値動きは、
ランチタイムの影響もあり、
非常にまったりとしています。



*午後3時くらい*

このくらいの時間から、
欧州が眠い目をこすりながら参加してきます。
要注意ですね。

為替レートがこの時間から活発化しますから、
大きな流れを掴みたいのであれば、
適時チェックしていきましょう。



*午後5時30分〜午後6時くらい*

非常に重要な時間帯です。
午後5時30分頃にはイギリスの重要指標が出される事が多くあります。
サプライズなどがあれば、為替相場は大きく変動します。

更に午後6時頃になりますと、
その他の欧州の国々の指標が発表されます。
この時間帯のサプライズ次第では、その後の流れを大きく決めることになることもあり要注意です。



*午後9時30分〜午後11時*

この時間帯に為替市場の活況は最高潮を迎えます。
アメリカの重要指標が目白押しとなる時間帯です。
極めて重要な時間帯と言えるでしょう。

発表が行われる1時間程前、
つまり8時30分位からレートが激しく動き始めるケースが多いです。
米ドル/円の短期トレードには絶対外せない時間帯です。



*午前12時〜午前5時*

この時間になりますと、
相場は動かない事も多いですが、
トレンドが一方向に傾いた場合はひたすら買われる、または売られることがあります。



*午前6時〜午前7時*

日本時間の朝方です。
意外ではありますが、
この時間から相場が動くことが多いですね。

人間はずっと起きていることができませんので、
FXをするにあたり、
自分の得意の時間帯を見つけてみて下さい!


>>最大5万円キャッシュバック<<

FXの耳寄り情報



>>キャッシュバックorギフト券<<


FX会社が開催しているキャッシュバックキャンペーンを活用しましょう!
超・低リスクで確実に現金を増やせます!
巷に流れている怪しげな方法ではありません。

FX会社の催すキャンペーンは、
期間を限定してではありますが
FX会社の多くが、必ず何かしらのキャンペーンをやっています。

FX会社のキャンペーンをを上手く利用すれば、
FXの取引以外にも、
年間キャッシュバック総額は驚きの50万円にも上ります!!

FXのトレードと異なり、
資金が減るリスクはなく、
確実に資金を増やすことができます!


FX会社を実際に使ってみて、
そのFX会社が自分に合うか合わないか、
FX会社各社を確かめるキッカケにもなります。

FXの会社でどこが自分にあっているか、
FX口座のどこがいいか、
FXについての新しい発見にも繋がります。

FXのキャンペーン利用は
実は良い事づくしの手法です!
これを利用ないのは、ハッキリ言って損!!

キャッシュバック企画は今後減っていく??という話もあります。
今のうちにGETしましょう!
動いたものが勝ちます!


>>キャッシュバックorギフト券<<

FXの最強投資術



>>いま一番使われています<<


FXとは、
外国為替証拠金取引のことを指します。
FXはForeign eXchange=外国為替の略に由来しています。

FXでは、
証拠金(保証金)をFX業者に預託し、
外国為替の売買を行います。

FX、通貨証拠金取引、外国為替保証金取引などとも呼ばれますが、
FXはForeign eXchange=外国為替の略に由来していることから、
海外ではForexと呼ばれることもあります。

日本では1998年に、
外国為替及び外国貿易法が改正されて、
FXの扱いがスタートしました。

ダイワフューチャーズ(現・ひまわり証券)、
豊商事などが取扱いを開始、
ブロードバンドの普及も後押しし、市場が急速に拡大しました。

商品先物会社、証券会社のほか、
FXを専業で取り扱う外国為替証拠金取引業者、
いわゆるFX業者も増えています。

FXは取引の仕方によっては、
非常に高いリスクを負うため、
FXをする際には外国為替相場に関する十分な知識や経験を要します。


>>いま一番使われています<<

FXの特徴


FXの特徴で、
金利の低い通貨を売って金利がそれより高い通貨を買った場合には、
金利の差額分を受け取れるということがあります。

超低金利の日本円(0.1%)を売って、
高金利のNZドル(3.0%)(※2009年3月時点の政策金利)を買うと、
その金利差は2.9%になります。

その通貨を保有している間は、
金利差を毎日受け取ることができます。
これを「スワップポイント」といい、貯めることもできます。

スワップポイントについては
FX業者によって金額が異なります。
ホームページなどでチェックしてみてください!

☆★☆お得情報☆★☆

FXのスワップポイント


FXで利益を出すには、
大きく分けると2つの方法がると言いましたよね。
FXの情報サイトでもよく目する2つ目の方法です。


というわけで今回は、
FXのスワップポイントについてです。
FXのスワップポイントとは?

FXの2つ目の特長であるスワップポイントとは、
金利が異なる2種類の通貨を売買することによって発生する
金利差調整分のことです。

FXの特徴として、
金利の低い通貨を売って金利がそれより高い通貨を買った場合には、
金利の差額分を受け取れるということがあります。

逆に高い金利の通貨を売って、金利の低い通貨を買うと、
金利差を支払うこととなり損失が発生してしまいます。
FXの特徴ですね。


☆★☆お得情報☆★☆


FXのキャッシュバックキャンペーン



キャッシュバックキャンペーン


FX会社が開催しているキャッシュバックキャンペーンを活用しましょう!
超低リスクで確実に現金を増やせます!
巷に流れている怪しげな方法ではないですよ(笑)

FX会社の催すキャンペーンは、
期間を限定してではありますが
FX会社の多くが、入れ替わり立ち代りなにかをやっています。

FX会社のキャンペーンをを上手く利用すれば、
FXの取引以外にも、
年間キャッシュバック総額は驚きの50万円にも上ります。

FXのトレードと異なり、
資金が減るリスクもなく、
確実に資金を増やすことができます!


FX会社を実際に使ってみて、
そのFX会社が自分に合うか合わないか、
FX会社各社を確かめるキッカケになります。

FXの会社でどこが自分にあっているか、
FX口座のどこがいいか、
FXについての新しい発見にも繋がります。

FXのキャンペーン利用は
実は良い事づくしの手法です!
これを利用ないのは、ハッキリ言って損!!

キャッシュバック企画は今後減っていく??という話もあります。
今のうちにGETしましょう!
動いたものが勝ちます!


FX会社で現在行われている、
最新のキャッシュバックキャンペーンと
現金獲得方法をご紹介します!


キャッシュバックキャンペーン

FXの2wayプライス


2wayプライスはとっても便利!
FXで2wayプライスって聞いたことありますか?
ない方は2wayプライスおぼえてください。

FXの売買注文を出す際に「売値」といえば「Bid(ビッド)」、
「買値」といえば「Ask(アスク)」を意味し、
「売値」と「買値」が別々に表示されることを2wayプライスと言います。

米ドル/円の場合
「1ドル=95.36〜95.38」と表示されているということは
売値が「1ドル=95.36」、
買値が「1ドル=95.38」ということを表しています。

「2wayプライス」とは、
銀行間での為替取引市場で採用されている、
為替レートの表示方法です。

売値と買値の両方、
そして売値と買値のスプレッドを提示することで、
レートの公正さを表しています。



☆★☆お得情報☆★☆



FXの注文方法 プライスオーダー系


プライスオーダー系注文
→リアルタイムのレートを見ながら注文を出します


*マーケット注文

発注時に提示されたレートと、
実際に約定したレートとの差の許容幅を、
任意に設定する事ができる注文方法です。

この注文は、
クリックした瞬間に表示されていた取引レートと、
FX業者のサーバーに注文情報が到達した時点の取引レートとのポイントの乖離がポイントです。

設定した発注時に提示されたレートと、
実際に約定したレートとの差の許容幅に収まる場合には、
乖離の方向にかかわらずすべての注文が約定します。


☆★☆お得情報☆★☆


FXの注文方法


FXの注文方法のうち、
まずは、「新規注文」についてみていきましょう。
新規注文には「プライスオーダー系」と「リーブオーダー系」があります。

プライスオーダー系注文
→リアルタイムのレートを見ながら注文を出します
*マーケット注文


リーブオーダー系注文
→予めレートを指定して注文を出します
*指値注文
*ストップ注文


☆★☆お得情報☆★☆

FXの基礎知識 為替差損


FXでは売買差益で利益を狙う方法がありますが、
利益を狙うということは、
その裏には必ず損失が発生する危険もあるわけです。

今回は、
FXで為替差損を大きくしない注文方法。
これを考えましょう。

FXの注文方法を理解して取引に臨みましょう。
FXの注文方法を知らずして、
FXで勝つことはできません。

FXの注文方法には、
新規注文(新たにポジションを持つための注文)と、
決済注文(ポジションを決済するための注文)があります。


☆★☆お得情報☆★☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。